2012/02/28

【puno】南米最終国ペルー入国!,,,バスでね!

朝から大雨、、、、

ここコパカバーナから予定では自転車再開の予定であった。

、、、でも大雨、、、めんどいなぁ、、、雨。

でも現金がないので、もうこの街、いやボリビアには滞在できないのだ。

絶対にATMのある街必着である。

、、、ん?バスワープ再び?



ホテルチェックアウトしてカフェで時間つぶし。


ここから次の街ペルーのpunoプーノまで約160km。
ペルー側一日分のペルー現金40ソルは両替して用意してある。

これを使ってバスワープしちゃおう。
再両替で損はするが、仕方ない。

で20ソル→40ボリというスーパー損なレートで換金。
昨日20ソルを54ボリで購入してるので単純に10ボリ以上損である。



ちなみにプーノ行きバス、朝と昼13:30、夕方18:30で25~30ボリ(会社により異なる)
で、今回利用バス会社はColectur社。
一人25ボリ
自転車20ボリ

最初は15ボリと言われたが、タンデム見て大型だからと20ボリ。
もうこの雨ならいくらでもいいよ。



到着したバス。
しかし荷台は狭いぞ。後部の荷台なら自転車も積めるが、運ちゃんはバックパックを積んでいく。

自転車どこに積むのよ?

どうやらバスの荷台が狭くタンデムは屋根の上へ。
結構、屋根上に上げるのに一苦労。
手間賃だと思って20ボリ納得。

輪行しなくていいから、楽だな。このほうが。

バスは13時半を大幅に遅れて出発して、すぐ国境。
10kmないんじゃ?

のどかなペルーボリビア国境

ボリビア国境では、なぜか他国のみなさんパスポートコピーが必要らしい。
ちゃんとコピー屋があるのが面白い。
ちなみに日本人はいりません。

で、ペルー側はすぐ隣なので歩いて移動。
、、、て久しぶりだな、、、陸路の国境ってイミグレ隣接だよな?
今までの国境がおかしかったんだな、、、イミグレの間22kmとか、、、次の日になるとか、、、。



アーチ上の門をくぐればもうペルー。
南米最終国である。


ペルー側の入国もあっさり。90日ゲット!

両国とも荷物チェックもなし、スタンプもあっさり。国境はこうであってほしいぞ。



バスに再び揺られ、チチカカ湖畔を爆走。
約3時間ちょっとでペルー時刻16時(ボリビア時刻17時)にはプーノ到着!

結構大きい街じゃないか!

早速タンデムでセントロの市場を目指す。


Hotel Manco Capac
ADD:Jiron Tacna 277 (Tacna通り 277番)


日本人の定番宿らしい。名前もすごいが(王様の名前らしい)、しかし、、、★二つ?
ホテルじゃないか!本当に安宿か?
フロントの料金には100ソルからと立派なお値段がある。
それ以外に安い部屋があるのか?


一応値段聞くも70ソル、、、高い。
もっと安い部屋ないのか聞くも、50ソルの部屋があるらしい。
ならトイレシャワー共同は?、、、40ソルとのこと。
※知らなかったがカーニバル開催中で宿の値段が上がってたらしい

一人20ソルなら予算内だろう、、、と案内された部屋はトリプルのトイレシャワー付??
どうやら二人分の料金でいいらしい。
フロントの若い兄ちゃんではなく、ボスっぽい人がGOサイン出してたので、この料金でもいいのか。
まぁ、いいか。


一人20ソル 二人40ソル(トイレシャワー付)
wifiあり、温シャワー、朝食別料金。


4階まである入り口とは裏腹にかなり大きいホテル。
ここは1階廊下部分。

一階のトリプル(トイレシャワー付)。TVにケーブルもはいってる。
ちょっと薄暗いけど、広いし問題なし!

久しぶり!熱々シャワー!
やっぱシャワーはこうでないと!


宿も決まったことで、腹ごしらえ。
市場の周りに中華があるらしく行ってみた。

ボリューム満点の中華。
味は悪くないが、ペルー風なのか?あっさり。
できれば、脂ぎっしりのコテコテの中華が食べたかったなぁ、、、。

チキンヌードル 6ソル
チキン野菜炒め 14ソル







--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿