2012/03/19

【huacachina】激暑砂漠走行しオアシスへ。そこは絵に書いた様なオアシス

今日は300mアップほどの丘がある。
昨日よりもっと早く涼しいうちにでる。

朝なら肌寒いくらいなんだけどね。


街でると100mアップの丘、反対にも街。こちらの方が小さいかな。


街で下って川渡ると、本格的な登り。
くねくね登っていく。

峠後はゆっくり下っていく。

しかし何もない。
ひたすら一直線。
給油ポイントまだ?
この区間、補充ポイントがしばらくない砂漠が続く。

道も基本平らだが、多少丘あり。
なにより暑い!!

やっと50km走しったら、、、
やっとガススタで補充、、、かと思ったら、

レストランは、、、まだ早くてランチは準備できてなかった。
サンドイッチのみ。


しばらくいくと緑でてきた。
Ikaイカの街の外れか。

ここから幹線は郊外的なところなので商店が多数ある
助かる。


少しずつ街になってきた。イカのセントロのメトロスーパーへ。
チキン屋(Norky’s)があった。
8ソルと9ソルのセット。
ケンタッキーみたいでおいしいぞ。



かなりのボリュームで満足。
なにより外が熱くて体力消耗しすぎ、、、

スーパーで買出ししてワカチナを目指す。
セントロから5kmくらいで近かった。


大きな砂丘の間にオアシス。
砂丘に囲まれてるのでイカの街からは見えない。
でも近く。


湖の右側に宿多数。
一番手前の宿が一人15ソルで安いが、ただ寝るだけ。

そこから奥に向かって多数ホテルがあるが、一人30~50ソル
ドミもあるが高い。

でもせっかくリゾートだから、プール付の
オアシス入り口側のcasa de Arenaに。



ツイン60ソル
wifi(回線遅すぎて繋がりづらい)、トイレ温シャワー付
トイレットペーパー、プール、バー
ツアーディスク(バギーツアー40ソル)

バーで600mlの瓶ビールが5ソルだから良心的か

ダブルの部屋。
広い

トイレ。シャワーはがんがんに熱い

昼間は静かな宿だが、隣(同じ敷地)にクラブがあるので、にぎやか。
夜静かにしたい人にはお薦めできない。
騒ぎたき人にはいいかも。



昼間は暑いので、おとなしく部屋に。




18時にもなると陽も沈み涼しくなる。
せっかくなので、裏山ならぬ裏砂丘にのぼってみた。

登るの大変。
こうしてみると、遭難してるかのようだ。

実際はすぐそこにオアシスなんですけどね。

砂漠の奥まで行ったら、やばいんだろうな。

取り合えず中腹まで。

砂がさらさらすぎで登り辛い
水も持ってこなかったのが最悪。


上からみると、ほんとに絵に書いたようなオアシスのワカチナ
まぁせっかくの砂漠ですから、前回のチュニジア同様に逆立ちしてみた。
傾斜があるから難しいな

前回のチュニジア⇒sousse→metlaoui→douz砂漠を求めて内陸へ

みるみるうちに夕方に。



砂漠とオアシスと手と足

砂漠に沈む太陽は赤い!
本日ももう終わりです。

なので飛んでみました。
今日もお疲れ様でした。


じゃ、こちらも遊んでみた。
面白い

もういっちょ!うりゃー

この旅、砂漠はアメリカのホワイトサンズ以来か?
blogへ⇒【elpaso】らくらくアメリカ最後の町エルパソへ(途中ホワイトサンズ観光)



反対側はすぐイカの街が一望。
結構大きい街です。

バギーはジェットコースターみたいで怖そうで、やる気ないから
この砂丘登山で満足かな?




大きな地図で見る
【データ】
KM
city
time
Altitude
0km
palapa村 07:00 350m
2.5km

07:30
430m
12km

08:30
600m
67km
ガススタ
11:30
350m
99km
Ica
14:00
400m
104km
huacachina 16:00
410m



--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿