2012/03/01

【juliaca】自転車再開も,,,初日ホテルなのにテント泊?

朝食。
スーパーにハムやチーズが売ってるのでサンドイッチ

やっと天気も回復しつつあるので、出発である。
目指すは、マチュピチュのお膝元、クスコである!

プーノの駅前の道を北上。
すぐに山になり市内を一望できる丘へ登って行く。


眺めはいいが、久しぶりの走行で足が動かん。

丘からの景色。

丘の後は下って反対側の高原へ。
そこからは一直線。

途中paucarcollaの村でちょっと丘になってるくらい?




ひたすら真っ直ぐ。
平坦で走りやすい。




やっと街らしきところでランチ休憩

4ソルでスープとアヒ=デ=ポジョ(黄色唐辛子ソースチキン)とお茶
フリットチキンも選択


どうやら、ランチ食べた場所はもう次の交通の要のjuliacaフリアカの街の外れだったようだ。

すぐに郊外に。
真っ直ぐいくと駅前あたりがプラザ(広場)とセントロになっている。

なぜかアニメちっくな銅像多数なストリート


駅前のプラザ

駅前の幹線JR.mariano nunesをさらに北上したあたりにホステルやホスペダヒが多数ある。
が、どれも受付が二階で、階段狭すぎ。
自転車あがれないだろ。



1件目Hostal Yasurが今思えばよかったかも?
ツイン40ソル。
トイレシャワー付。wifiなし。


他にシャワーなしで20ソル以下の宿はたくさんあった。

さらに北上してバイク屋さんがたくさんある宿にチェックイン。

hospedaje ccoa
add:JR.mariano nunes 1173

wifiなし。
他にシャワートイレ共同もあり

吹き抜けの建物

受付が一階で、トイレシャワー付きでダブル40ソル
見た目がきれいなので、リフォームしたばかりの部屋だったの、、、。
最初は大丈夫だったが、これがいけなかった、、、。


この後、最悪の事態になるとは露しらず、街探索へ。
線路沿いに露天がたくさん出てて、どこかアジア風。スラムっぽくもあるが、、、。


ミイラ?
そして市場にリャマのミイラか?漢方ぽい葉っぱ多数売っている。どう使うんだろ?

また魚も売っている。魚臭いが日本人にはどこか懐かしい。

野菜選び中。
市場の野菜はボリビア並みに安い

帰りにネット。1時間1ソル。安いなー
しかし、18時にはもう陽が沈むようになってしまった。
これからは時間を考えて走らないと真っ暗になってしまう。



夕食は、露天のチキンポテト麺セット。
3ソル。
麺が焼きそばみたいで美味しいぞ。



ケーブルが入ってたので久しぶりに映画みながら就寝、、、、

が夜中に悪夢が、、、
新しくペンキを塗ったばかりなのか知らないが、なにかケミカルな臭い。
寝る前は窓を開けていたのでそんなに気にならなかったが、もうtomomiは頭が痛いわ、気持ち悪くなるわで、とてもじゃないが部屋の中に入れない状態に。

夜中すぎて、他の部屋への移動も頼めない。
まさかの、廊下でテント就寝。
ケミカル臭もないし、むしろいつものテントで熟睡できた様。


むしろ、トイレシャワー共同の古いタイプの部屋の方がよかったかもしれない。





大きな地図で見る
【データ】
KM
city
time
Altitude
0km
puno
10:00 3700m
4km


3850m 
13km
paucarcolla 11:00
3700m
44km
juliaca  14:00
3700m






--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved. --

0 件のコメント:

コメントを投稿