2012/03/26

【Lima】サヨナラ南米(飛行機で大型タンデム自転車は"無料"になるか?)

朝5時半起床、、、眠い。

パンを食べて出発。
さぁ本当に最後の最後の空港までのラストランである。

クスコ通りを空港方面へ途中道はアルゼンチン通りに変わる。
工場地帯を道はゆっくり下ってるので楽。


途中、アホなコレクティーボ。

チノチノ五月蝿い!
チリ、アルゼンチン、ボリビアと南米旅してきたが、ペルーが一番チノチノ言ってくる。
中国人も言われて大人しくしてるから、アホなペルー人に舐められてるのか?
本土の様に我が強ければいいのに、移民になると、柔らかくなってしまう。


しかし、ペルーは馬鹿なのと、親切な人の差が激しい。
同じコレクティーボでも道を譲ってくれてたりしてくれる人もいるのに。


空港手前の住宅地
空港周辺は治安悪いとの事だったが、セントロより安全そうだ。


ホルヘ・チャベス国際空港へは45分くらいで到着してしまった。


目の前の大通りには、地元売店もあって、通常料金でコーラやサンドイッチ買えたりしてしまう。
タクシーもこの大通りまででて拾うと安いらしい。

結構小さい空港である。ショッピングモールと駐車場って感じ。
ターミナル建物に行ったら、大勢の女の子達?
見てると、韓国語のプラカードを持っている。
空港係員が韓国のグループが初ペルー訪問らしいと教えてくれた。

どうやら今年のHNK紅白にも出場してた東方神姫?というグループらしい。
こんな南米まで韓国アイドル人気とはびっくり。


空港のフードコート

せっかくなので、ミーハー魂でちょっと待ってみたけど、なかなか出てくる気配がないので、諦めて、チェックインカウンターで自転車パッキンをする。


チケットとパスポートがないと、チェックインカウンターエリアに入れないらしいが、外人は顔パスで入れてくれる。
おかげで、このエリアは混雑してなくていい。


ゆっくり自転車パッキン。
今回で自転車は日本までのる予定がないので、結構細かくバラして梱包。
見た目小さくして、自転車料金を取られないようにする作戦だ。

しかし前回のエアロメヒコで70ドルもとられてしまった。
過去blog⇒表示/【Guatemala city】最後空港でも洗礼を受け終始やられっぱなしのグアテマラ最終日


今回は、初の空港で全バラシに挑戦。
持参した物は、、、

・テープ
・スーパーでもらった段ボール
・サランラップ

以上である。

ちなみにこの空港はテープすら用意されていないショボイ空港である。


前後タイヤ外して、
前後キャリアー外して、

キャリアーでギア部分を保護するように梱包。
この辺は前回のグアテマラのときと同じである。
前回blog⇒表示【antigua】巨大なタンデム自転車を小型飛行機の機預け荷物用に梱包


違うのは、サドルやハンドル部分も全部分解したとことだ。
これで、棒の組み合わせになったので、スペースが少なくなり、本体と一緒に梱包できる。


テープでまとめていく


まとめ完成。部品は全部本体にまとめた。
これで、フロントフォークも分解できればもっと小さくなるのだが、
やったことないのと、道具がないので、また次回挑戦?


最後にボディー全体をダンボールとラップで梱包するだけ。

ダンボールとラップとテープの組合わせで巻いていく。

最後はタイヤを輪行バックにいれて、完成。

このあと、空港の有料ラッピングサービスを利用したら、最強、、、かな?

預け荷物は

お土産入ったダンボール
自転車本体
自転車タイヤ
メインバックパック
サブバック

の以上5点。


11時半過ぎになってやっとチェックインカウンターが開いた。
どうやらLAN航空との共同便の様だ。
しかしEチケットの出発は13:15だが、13:05になってる?

カウンターに荷物を預けるが、カウンターのねーちゃんが新人なのか、とろいのか、我々のチケットに問題があるのか?
発券に30分以上もかかった。
しかも、乗り継ぎのメキシコ⇒ロスが1時間も予定より早まってる。

3時間乗り換え時間予定が2時間に、、、間に合うのか?これ。


前回、グアテマラ⇒サンティアゴのアエロメヒコ航空フライト時に70ドル取られている。
今回もアエロメヒコ航空なので、また追加料金取られると思って、自転車荷物は別枠重量計算でパッキンした。

だが、一人預け荷物は2個までと言われ、自転車枠計算ではなく、全体の重量で計算する様だ。
タイヤを自転車にくくりつけて一つの荷物にしてしまう。


これで合計重量52kg(自転車27kg+バック2個25kg)で、明らかに一人23kgまでをオーバー。
しかし、自転車荷物であることをつっこまれず!重量オーバーつっこまれず!
 

結局7kgオーバーと自転車代かからず無料!!


今回カウンターがLAN航空だったからよかったのか、ペルーだからよかったのか、、、。
それとも前回、アエロメヒコ航空がケチだったのか、グアテマラがケチだったのか、、、まぁグアテマラはドケチか!


出国イミグレ

しかし、必要以上にチェックインに時間がかかり、もう出発まで1時間切ってるし。
せっかくの空港を楽しまず、そのまま出国へ。

出国して免税エリアに入って、再両替しようかと思ったら、銀行がない?
普通あるだろう?
店の人に聞いても、外にかないというではないか!
ええ!、、、250ソル(8000円)くらいあるんですけど?


初めてだよ、、、再両替のできない空港(イミグレ前ならありました)
絶対他国で両替してくんねーだろ、、、ペルーソルなんざ、、、。
出国税とか払う必要があるのかなと思って現金を残してたのが失敗した。
税や使用料はチケット料金に入ってた様だ。チェックインカウンターで聞けばよかった。


、、、誰かペルー行かない?


今回初搭乗LAN航空

搭乗はビリで。
おかげで荷物をしまう棚がいっぱいであった。

どたばたと飛行機はフライト。

2×3×2の中型機。

機内食はまぁまぁであった。
離陸してしばらくは結構飛行機がゆれるなぁ。

これで、11月2日にチリ.サンティアゴに初めて入った南米の旅も終わりである。
が、サヨナラ南米で感無量にひたるより、揺れが怖くてそれどころではなかった、、、






大きな地図で見る
【データ】
KM
city
time
Altitude
0km
Lima(セントロ) 06:45
 180m
12km
ホルヘ・チャベス国際空港
07:30
 60m






--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved.

3 件のコメント:

  1. お疲れ様でした!とにかく無事帰れてよかったです!^^

    返信削除
  2. A very well-written post. I read and liked the post and have also bookmarked you. All the best for future endeavors
    IT Company India

    返信削除
  3. thx!

    ありがとうございます。
    本人はもう日本にいますが、ブログはまだちょっと続きます

    返信削除