2012/04/02

【LA】タンデム背負って空港、さよならアメリカ大陸

夕方19時過ぎにホテルを出て、LAX空港を目指す。
この時間なら乗り換えの少ない市バスが安くて楽かもしれないが、

我々にはタンデムがあるので、メトロを乗り継ぐことにする。
もう朝、一日券買ってるしね。

リトル東京からだと、ゴールドラインのリトル東京駅が最寄。
乗換えが多く遠回りになるがタンデム自転車が輪行のままなので、仕方ない。

8ヶ月前の到着時のように、自転車に乗れれば、ダウンタウンまで漕いだ方が早い。


隣の駅、ユニオン駅で今度は地下にあるレッドラインへ。
次はブルーラインへ乗り換え。

最後はグリーンライン。

遠回りであったが、最寄り駅からゴールド、レッド、ブルー、グリーンと合計4路線乗り換え。
重い自転車持ちだと、乗り換えが大変だ。

日本と違ってエレベーターが大きいのが救いか?
楽にタンデムも入る。


グリーンラインのLAX空港最寄り駅からは無料シャトルバス”G”。
荷台スペースが広くて便利だが、、、いつも空いている。

LAXまでは、数日前に同じルートを同じ荷物で移動してるの。迷うことなく空港へ。

前回到着したターミナルとは違い、国際線専用らしい、このターミナルB、、、立派じゃないですか!

wifiも飛んでるし(なぜか繋がらなかった)、店もたくさんあるし、席も、、、
前回の苦労はいったい?このターミナルへくればよかった。

数日前のLAX空港泊⇒
表示(【LA】どたばたフライト記。大揺れ→トランジット時間なし→荷物没収?→夜中寒いLAX空港泊!)

ここでゆっくりスーパーで買ったバーグル休憩



時間になったのでチェックイン
今回も特に自転車は突っ込まれず!普通の荷物扱い。

預け重量は自転車が25kgくらいでその他荷物22kgもあわせて、合計38kg?


しっかりタンデムが秤に乗ってません!
まぁ車体が長いからねぇ、、、
まぁ特にこちらからはその事について突っ込みませんから、、、

無事、今回も無料でタンデム自転車預け完了。
しっかり機内持ち込み荷物も重量チェックされたが、一人一つ荷物7kgまでの記載。
しかし9kg近くあったが特に何も言われず。


チェックン後はすぐ出国へ。
といってもアメリカも出国がないので、ボディーチェックが実質の出国だ。

以前はグリーンの入国カードみたいなので、出国管理してた様だけど、現在はどうやって管理してるんだろう?
航空会社のデータを参考にしてるのか?
でもティファナ国境だと、まったく情報残らないのでは?


まったくもって、ESTAといい、厳しいのかザルなのかさっぱりわらんぞ、アメリカ!


エバー航空は、ターミナル横付けではないので、空港バスで飛行機まで移動。

エバーの飛行機は定刻どうり、夜中00:30にLAXをフライト。

、、、ついに今回の旅が終わろうとしている。



おまけ
機内食。
メヒコl航空の食事は最悪だったが、LAN航空は悪くなかった。
しかしアジア系航空会社のゴハン食べると、、、、

この機内食ででた、ケーキが、アメリカ大陸で食べたケーキの中では一番おいしかったかもしれない。


朝食(二回目)もがっつり!





--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved.

0 件のコメント:

コメントを投稿