2012/12/30

【Reliegos】キッチンが充実⇒スーパーが街にないという風潮

酔い醒まし中、、、。

酔いがさめるまで、ゆっくり街探索。
教会ですかね?

さて、ゆっくりしすぎなんで、先に進みますか。

ここから、A231という大きな幹線道路の脇を行くかと思ってた。
地図はそうなってる。

しかし、ホタテのマークにしたがって進んだら、、、あれ?
どこここ?
A231の北側のcalzadillaの街へ

でもホタテマークはある!
前方にチャリダーも走ってる。
徒歩も二人だけいる、、、

でも、あきらかに巡礼者減った?

一応ダートだけど道もあるし、ホタテの矢印もあるので、進んでみる。
線路を越えます。

うーーん、あってるのか?
決して酔ってて道間違えてるわけじゃないですよ。

前方のチャリダーに追いついて、話してみたけど、巡礼路とは、外れてみるみたいだ。

まったく人いませんな。
もう一組もチャリダーだし我々も自転車だから、多少ルート外れても、復帰は簡単だけど、
徒歩だと、涙目だな。

森みたいなとこ行きます。
また荒野に森?

一応、巡礼路のマークはあるんですね。
二ルートあるのか?こちらは旧ルートかな?

明らかに、A231号線の北側を通ってますな。
南側をとおるのが正しいはず。


一応アスファルトがでてきた。
ホタテマークも整備されてなさげ、、、。

EL Burgo Raneroの街で、巡礼路に復帰。
ちょっと遠回りだったけど、復帰してよかった。

しかし、おかげで有名宿のあるbercianos del real caminoへいけず(泣

EL Burgo Raneroの街入り口のアルベルゲ8ユーロ
高いので次へ。でも判子押してくれた。

前を行くチャリダーカップルも巡礼路に復帰。
スペイン人が間違うんだからねぇ。仕方ないよね(←言い訳

真っ直ぐに荒野を行きます。
アスファルトだから快適にスイスイ!

お、街か?

15時半にreliegos着。

なんにもない、巡礼路の街です。

街の入り口に巡礼宿(アルベルゲ)
中心にもバー兼アルベルゲ10ユーロ
こちらは、民間みたい。

その先に公営(ムニシパル)アルベルゲがある。
その奥にも民間の食堂アルベルゲが6ユーロ。


小さい村レベルなのに、宿は多い。
まぁ巡礼路がなければ、誰も訪れることもないような小さい農村だからなぁ。

どれにしようか悩んでたら、公営(ムニシパル)のアルベルゲの管理人に、誘われるがまま、チェックイン。
よさそうなおっちゃんだったんで、、、。

公営(ムニシパル)
albergue d,galferos
一人5ユーロ
シャワーガンガン熱し
キッチン広くてきれい。
トイレシャワーきれい



特に期待してなかったけど、きれいでないかい?
アルベルゲは田舎がいいのか?

ベットルーム

キッチン
冷蔵庫にレンジに調理道具になんでもござれ。

いかんせん、スーパーのない村のアルベルゲは、キッチンが充実しているという。


シャワールームもきれいだし。
シャワー後はのんびり洗濯したりですよ。

ああ、日向ぼっこが気持ええ~

のんびりー


窓からの景色。
なんにもないですな。

せっかく立派なキッチンなんですから料理せな。
夕食です
パエリアもどき(きのこ、たまねぎ、トマト、ししとう入り)
スープです

昼間ワイン買っておいてよかった。
やっぱりしっかりした食器で食事すると一味違いますな!


★走行距離73km(5.0h
Carrión de los Condes

ledigos

sahagun

reliegos


大きな地図で見る


【blog村】人気ランキングへ投票<<←美味しそうに見える!と思ったら投票1クリックを!

<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿