2013/01/23

【お勧めランキング】居心地最高!また泊まりたいキャンプ場と宿


★今回3ヶ月のヨーロッパ旅行の中で、お気に入りランキング
【お気に入りの宿(キャンプ)編】

たとえどんな素敵な街でも、宿泊場所が最悪だと、街のイメージも悪くなる。
基本キャンプ生活の旅行だったが、落ち着けるキャンプ場から、屋根とベットのありがたみを感じた宿まで!





●【1位】スペインの巡礼のアルベルゲ(巡礼宿)
場所:rabanal del camino、スペイン
albergue la senda
add:巡礼路沿いの村入口  
私営一人5ユーロ
無料wifi あり
シーツあり
キッチン(コンロ、食器)あり
キャンプ広場広場あり
隣にバー併設


何もない村である。そんな村に数件の巡礼宿。どこもきれいで安くて居心地がいい。
のんびりできる宿。値段が一人5ユーロなのも最高。

-行き方-
巡礼路なので巡礼がてらの徒歩が一番。
鉄道はない。路線バスすらあるのかどうか、、、



[周辺日記] 
【rabanal】山あいの田舎の巡礼宿に泊まろう!





●【2位】ドイツ、ロマンチック街道のキャンプ場
場所:augsburg、ドイツ
campingplatz ludwigshof am see add:augsburger strabe 36
www.bauer-caravan.de
大人一人5ユーロ
場所6ユーロ
(二人で16ユーロ)
WIFI 24時間6ユーロ


湖畔沿いにあり、気持ちいキャンプ場。レストラン併設。隣にキャンピングカー屋がある
ここも周辺には何もないが、のんびりできる。

-行き方-
観光地なので、ロマンチック街道のバス路線を利用するが楽ではあるが、最寄街からはかなり離れている。


[周辺日記]




●【3位】フランスのコルシカ島の観光都市なのに徒歩圏内なキャンプ場
場所:Bonifacio、コルシカ島、フランス

camping la trinitewww.campinglatrinite.com
一人7.1ユーロ 
テント3.2ユーロ
(二人で17.3ユーロ )
ホットシャワー無料
wifi無料

広いキャンプ場じゃなく、テントは段々畑みたいな場所。
街からも十分徒歩圏内なので、テント率は高い。
キャンパーが多いからなのか、コンセントが充電しやすく多数あるのがいい。

-行き方-
ヨーロッパ各地からコルシカ島の中心アジャクシオンへ飛行機やフェリーで。
そこからバスかレンタカー。鉄道はない。
公共機関は不便なので、レンタカーが楽らしい。
また対岸のイタリアのサルディーニャ島からボニファシオへフェリーがでている。

[周辺日記]



●【次点】イタリアのヴェネチアのテント宿
場所:ヴェネチア、イタリア
camping villages jolly
add:via G de marchi 7
marghera venezia
www.ecvacanze.it


ネット予約割引のテント部屋1ベット9.9ユーロ
3ベットドミだけど、2人だけで個室扱い 
通常は12ユーロ一人らしい(時期によって料金変動。


さらに安い自前テント泊や、バンガローも完備。
テント部屋でもちゃんとコンセント、シーツ、シャンプー石鹸付である。

また無料WIFI、PC,プール。
レストラン、バー、売店(ちょっと高い)完備。

パリから始まって、初めての屋根つきのベットだった。しかしテント?という変わった宿。
普段キャンプ生活のわれわれには快適そのもの。プールもあるしね。
 
-行き方-
ヴェネチア本土のマストレ駅から徒歩1時間。最寄までバスあるも、そこから徒歩20分。
詳細は宿のHP参照。


[周辺日記]



 

●【おまけ】
前回の南米ランキング↓

【blog村】旅行ブログ人気ランキング投票 <<←参考になったら投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿