2013/01/26

【次旅】死ぬまでに一度は自転車で走行したいルート(アジア編)

死ぬまでに、アジアでいつかは走ってみたいルート
次回旅でひとつでも多くのルートをタンデム走行できたらなぁ



【その1】マレー半島縦断
マレー半島縦断バンコク⇒マレーシア⇒シンガポール 1,803 km
徒歩なら15 日 8 時間
不眠不休で歩く時間は、ちょうど自転車での移動の日数に近い

途中、きれいなアジアの海をみながら旅になるはず!




 【その2】バンコク⇒アンコールワット(シェムリアップ)
大きな地図で見る

467 km、3 日 22 時間
National Highway 6 を横断するルート実際は国境を直進するので、400kmくらいになるはず(google mapがおかしい)

世界遺産のアンコールワットを目指す





 【その3】クンジュラブ峠(カシュガル~フンザ)
 
大きな地図で見る

大きな地図で見る

カシュガルから峠までが413 km (314国道経由)
峠からフンザ(カリマバード)まで7,80kmくらい。合計500km弱

カシュガルは標高1600mだが、峠は5000m近い。峠は実際は専用車でしか越えれないはず。


 
風の谷のフンザを目指す旅。





 【その東チベット大理リタン~成

大きな地図で見る

 1,316 km、11日間  318国道経由
標高4000m台の高原を行く。実際高地では、そんなに早く移動できないだろう。

香格里拉の北の湿地帯。チベットのすばらしい高原のなかを行くことになるだろう。





 【そのインド、ラダック(ダラムサラレー

大きな地図で見る
Leh–Manali Highway 734 km
6日間 
標高5000mの峠をこえる必要もあるので実際はもっと時間がかかるだろう


中国支配の文革後のチベットではなく、いまだ残るチベット文化に触れたい。




後半の希望ルートは高原ばかりだな、、、
しかし標高5000mの峠とか心踊るルートばかりだ。



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票<<←ぜひ投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿