2013/01/30

【準備】日本出国にあたって「航空券、海外保健、市役所関係」の準備

〓〓〓〓〓〓【エアチケット】〓〓〓〓〓〓


今回は初めてLCCのジェットスターhttp://www.jetstar.com/jp/ja/home)を使う。
ヨーロッパでLCC利用したことはあったので、仕組みはわかっている。
日本でも早くLCCが導入されればいいのにと思っていたら、アジア周辺でも急加速なLCC。

長距離便でなければ、そんなに、機内食やサービスなのど求めないし、
まして今回は片道利用なので、LCCはものすごく助かる。
(一般の飛行機会社は片道チケットは割高)


 
--フライト--
大阪(関西) (KIX)01/29/2013, 10:30 
シンガポール (SIN)01/29/2013, 16:20  

運賃 大人     2 x ¥10,000
手数料および税金 大人 合計金額     2 x ¥11,650
追加オプション 手荷物 (25kgまで) 2 x ¥3,400 
 ----------------------------------
合計金額 ¥50,100 


その他追加オプション 事前指定席料金 2 x ¥700
クレジット決算手数料 2 x ¥1000
---------------------------------- 
支払い ¥53,500 JPY (二人分)



●LCCで注意しなければならないのが荷物である。
ジェットスターのHPには下記の様にある
www.jetstar.com/jp/ja/planning-and-booking/baggage/checked-baggage

受託手荷物  1個の荷物は32キロ以下であるか、または次のサイズを超えないものとします。 
飛行機の種類 : A330 
高さ :  277cm (9' 1)



●また予約後の追加荷物、または空港での重量オーバー分の追加料金は非常に高い。
予約時であれば安いので多めの荷物で予約(今回は一人25kg)する
さらに、当日チェックインカウンターでの追加kgは異常に高い。

予約完了後の追加荷物
+5kg(3600円)
+10kg(3700円)
+15kg(3950円)




●大型の手荷物
HPの規約内容であれば大きなタンデムも問題ないことになる。適切なケースが何になるのか不明だが、ジェットスター利用者のブログなど見ると、ダンボールでかまわない様子だ。 
http://www.jetstar.com/jp/ja/planning-and-booking/baggage/bulky-items

受託手荷物のうち、大型の手荷物あるいは特殊な形状で余分なスペースを占有する手荷物に関しては、十分な積載スペースがあった場合のみ、お客様の運賃に含まれる購入済み手荷物許容範囲でお預かりします。
寸法制限とお預かり可能な大型の品目と見なされる手荷物について
は、以下をご確認ください。

自転車  
自転車用ケースに適切に収納されている自転車のみお預かりします。ジェットスターは空港で自転車用ケースを提供しておりませんので、お客様ご自身でご搭乗前に自転車用のケースをご用意ください。自転車は以下の状態で梱包されている必要があります。
  • タイヤの空気を抜いた状態
  • ペダルを取り外した状態
  • ハンドルがフレームに並行して固定されている状態
  • 自転車の全長が180cmを超える場合には、前輪を取り外してケース内の後輪の横に固定した状態





〓〓〓〓〓〓【海外保険】〓〓〓〓〓〓


i保険のHPhttp://207207.jp/)ら比較依頼した。 
掛け金、期間(最長5年!)ごとに比較できるので便利。

なぜか比較表には出てこないが、
今回は朝日火災の海外保険(http://www.asahikasai.co.jp/)にしてみた。
初めて聞いた海外保険の商品だが、ジェイアイ傷害火災保険株式会社と提携し、充実した海外サービスをご提供します。とあるので、まぁ大丈夫だろう。残念ながらファミリープランはない。

今まで使ってきた興亜損保(ファミリープランあり)は今回はパス
かなりの長期(5年まで可能)や、途中で延長する可能性がある場合はものすごく便利な興亜。
過去の海外保険時の話⇒
2011年 出国にあたって準備(航空券、市役所関係)
2012年 日本出国にあたって【航空券、保健、市役所関係】の準備


とりあえず6ヶ月分保険(この保険の最大日数をかける
(1ヶ月単位であれば、早期帰国でも解約可能
下記内容はフリープランである。
(セットプラン⇒http://www.207207.jp/insurance/asahi/price_long.html


【フリープラン】
期 間     ヶ月】

傷害死亡   1000万
傷害後遺障害   1000万 
傷害治療費用   1000万
・疾病治療費用   1000万
・疾病死亡   1000万
・救援者費用   1000万
・賠償責任   1億
・携行品損害   10万
航空機手荷物   10
・飛行機遅延   2万


保険料(合計) ⇒
 52630円(一人)

x2      ⇒105,260円(二人分) 



※今回はアジアなので、それほど掛け金を高くする必要はないが、
額を減らしてもあまり変わらなかった。





〓〓〓〓〓〓【市役所関係】〓〓〓〓〓〓

今回は住民表を抜かずに、そのままで出発する。
昨年の所得が多かったりして、国保代や住民税対策には有効だが、
今回は収入が少なく、どの道税金は発生しないか、最低ランクと思われる

海外保険をかけていくので、特に必要はないが、国保も海外では使える。
実際は請求用紙を役所に提出して自己負担3割以外を返金してもらうシステムみたい。
詳しくは最寄の役所で聞いてね! 

過去の住民票など抜いた時の話⇒
2011年 出国にあたって準備(航空券、市役所関係)
2012年 日本出国にあたって【航空券、保健、市役所関係】の準備
   



〓〓〓〓〓〓【携帯解約】〓〓〓〓〓〓

ネット用に使ってたソフトバンクのポケットwifi。
海外では使えないし、いつ解約しても違約金もないので今回は解約していく。
もう古いので、次回帰国時には新しいのほしいしね。
しかし、解約は店頭で申し出た、その瞬間から解約になるらしく、
事前に○月××日に解約して!とできないんだと、、、出国前日に解約しにショップへ。





【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ <<←ブログが気に入ったら投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿