2013/01/01

【Leon】世界三大生ハムの”イベリコ豚”とは何ぞや?


午前中から、街に入ったらの、久しぶりに街の観光を堪能。
しかし、疲れました。

巡礼より街歩きの方が疲れますな。

休憩とネットがてら、宿の目の前のバールへ。

テラスもあっていい感じのバールです。

カフェ1.2ユーロ
WIFI無料。

のんびりネット休憩です。

さて、夕方になったら、買い物でも行きますか。
本日のキッチンは、レンジもコンロもないので、食材は限られる。

となると、やっぱり生ハムでしょ!
そしてスペインといえば、世界三大生ハムのイベリコ!

イベリコとは何ぞや⇒wiki先生ハモン・イベリコwiki
 

レストランでは食べれない(高いから)ので、せめてスーパーで食べるべし!!

じゃ、イベリコ買っちゃうよ。
50ユーロ/kg、、、いつも買う生ハムは通常14ユーロ/kgだからね、、、高いよ!
でも、一本日本に買って帰りて~!!

たっぷり買ってもうた、、、
生ハムを2種類も買ったので15ユーロ(1500円)以上に、、、、

アボガドのワカモレとトルディーヤ発見が素晴らしい。
メキシコのタコスができますな!

イベリコ生ハム、これで5ユーロ也
 (50ユーロ/kg計算)

で、ワインが白2ユーロ


本日の夕食
生ハム大会です
トルディーヤの皮
アボガドワカモレ
サラダ
ワイン

真っ黒いのはイカ墨の缶詰です。


さぁまずはメインイベント!生ハム食べ比べ~!

左側がイベリコ生ハムです。
右は通常。違いは脂身が多いのか?


そしてお味は、、、、あれ?

今、世界中で、お寿司が人気である。マグロも人気である。
しかし、マグロの寿司をいえば、赤身が主流。ではトロは?
脂身であるトロ部分は日本以外ではほとんど見ない、、、というか捨ててる。

牛肉はどうか。白人さんは赤身が好きである。日本風の霜降り部分の油分には見向きもしない。


、、、つまりだ!
脂身の多いハムは安物であり人気がないのかしらんが安い!
赤身の部分の多いイベリコハムは、白人には人気なのだ!!

、、、と、安い生ハムが美味しいと感じてしまった自分への慰めです。
あれれれ?

トルティーヤにアボガドワカモレにサラダ、チーズ、生ハムで巻くと最高です。
美味いぞ!

きっと、疲れてて油を欲してるんだよ、うん、うん。


部屋に戻ったら、ベットは満員御礼。

異様な雰囲気とニオイに包まれてます。
窓開けろよ!
男女別ドミはよろしくないんじゃ?

部屋が臭い、、、失礼、雰囲気悪いので、散歩に出かけます。
夜景のガウディーです。

建築に興味ないけど、ガウディー、、、いいじゃないか!



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ<<←あと残りの三大は?!と思ったら投票1クリックを!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!
--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿