2013/05/02

【chiangmai】間違っても旅中に絶対買っていけないお土産と言えばコレ

一般的には自転車旅行者は、通常の旅行者より荷物が多い。

Q:なぜに?

A:旅行者の荷物 + キャンプ用品 + 自転車用品
と、なるので、必然的に荷物が多くなるのだ。
荷物一覧↓ 
3章(3rd)-01-【準備3】荷物(自転車、キャンプ、他)


中には我々自転車旅行者より荷物を持っている旅人を見かけたりもするが、
その荷物の量の多さを感じるのは、宿~交通機関の移動くらいだけだろう。
タクシー利用でドアtoドアなら、ほとんど荷物の重さなんて気にしない。


「ネコは荷物じゃないので重量計算にはいりません!」

我々の場合、全ての荷物を自転車に積んで走るのだから、少しでも荷物を少なく軽くして走りたいのは心情。
場所によっては食料を優先して持つ場合もあるので、できればスペースを空けておきたかったりもする。


よって、荷物が増えるお土産購入などは勘弁である!



、、、。

あれ、、、、
いい感じの陶器屋さんがある、、ねぇ、、、、。

このお店はおしゃれなお店やカフェが並ぶ、ピン川沿いのリバーサイド(charoen-rat RD)にある店。
北部の陶器で有名なセラドン焼きのアウトレット店Earth and Fireだ。


お土産の中でも、この割れ物系の陶器やガラスなどのお土産なんか最悪だろう。
なんせ重くかさばる上に、割れたらただのゴミである。
しかも、買ったら買ったで割れない様に慎重にあつかう必要がある。
慎重レベルは精密機器の電気製品より上だ!



アウトレットとはいえ、素人な我々には十分なレベル。
しかも安いのだ。
手前の花びら形のお皿は一枚50B
日本円にして150円ちょっとである。

大皿だって100B、約350円である。
ダイソーにだってこんな立派な陶器は置いてない!


戦利品♪


って、散々文句いって最悪なお土産を買ってるじゃないよ、、、、

いいんです!
現在、我々はチャンマイで部屋を借りて1ヶ月滞在中。
タイの屋台おかずは、持ち帰りで買うとお徳なのは知っている。




なら、立派な食器で、見た目豪華に食事したいよね?

間違っても自転車旅行しながら、この食器は持ち歩けない。
しかし、今なら可能だ!


立派な居酒屋メニューにも見えるこの食事の内訳は、、、

大皿 100B (350円)
焼き鳥1本 5B(20円)
もち米 5B

丼 100B
カレーお持ち帰り 25B(100円)

花びら形小皿 50B
炒め物 20B(75円)


食事代は二人分で300円くらい!



おつまみセット!

カップ 20B(75円)
ビール 45B(150円)



朝食だって見た目豪華に!
これで、チェンマイの生活も心に潤いが?


文句言ってる割に、なんだかんだ陶器のお土産を買ってるチャリダーな我々だった、、、、。
ペルーで ペルーで買ったコーヒーカップ
フランスで 【まとめ】自転車旅行でも買えるヨーロッパ旅のお土産!?



【blog村】人気ランキングへ投票<<←ブログが気に入ったら1クリック投票を是非
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿