2013/10/06

【景洪】旅行者が寄らない中国でありながらタイ。国境貿易で街は発展中~【景洪】


未だ発展中な中国の僻地を北上中!
しかも快適高速道路バス移動。


うーん、途中の村々にたくさんのビルが。


郊外の街の入り口にはいろいろなオブジェも登場。
ホント、建設ラッシュだよなぁ。

タイっぽいのは、ここに住んでいる民族がタイ族が多いから
ちなみにタイ語も通じますよ。


20時に景洪(ジンホン)に到着。
こちらは、2010年のときよりも益々発展中なシーサンバンナ地区の中心街。


さて、タンデムも無事到着です。
漕げないけどね。

荷物は背負える重さでないので、自転車に乗せて押す作戦です。
バスは比較的中心に近い北バスターミナルに到着。
(市内に複数のバスターミナルがある)


すっかり陽も落ちたけど、賑わってんな!

ここに初めて来た2001年は、何もない田舎にきちゃったなぁって街だったのに。
現在、発展しすぎ!
道路渡るのも信号待ちが必要なくらい車が走ってる。
っていうか、12年前は中心にしか信号機なかったし!!!


街は発展して変わったとはいえ、勝手知ったる景洪の街。
安宿の集まってる、有名カフェメイメイカフェ(美美珈琲屋)の南側の通り曼听路(manting rd )へ。


湘曼酒店
add: 曼听路22号(manting rd 22)
(map⇒View Larger Map) 

PC付ダブル 60元
なし ダブル 50元

ホットシャワートイレ、エアコン、TV、タオル付


なぜかホコリっぽい中国の部屋。
周辺には似たような値段の宿が多数。


綺麗にいくら掃除しても、ほこりっぽくなる中国クオリティー


自転車は敷地内へ。

さて、チェックインも終わったら、景洪にきたら行くところがある。
というか、水掛祭り以外の時期は他にやる事のないこの街。
最近は昆明からラオスに直通バスもあるので、益々立ち寄る旅行者がいないのでは?


そう!メイメイカフェ(美美珈琲屋)
10年以上前からある老舗のカフェだ。

かつては外人の溜まり場だったけど、最近はこじゃれた中国人の溜まり場となっている。


3年ぶり!
数件隣にユースホステルまでできてた。


正直、いきなり中国の地元食堂は嫌だ!
中国語をしゃべるのも嫌だ。

ここなら英語も通じるし、まだ安心して食事ができそう。
ちょっと高いけどね。

まずは中国に体を慣らしていくか。


この雰囲気なら落ち着ける。
ホント、中国はどこでも騒がしいからね。


まずは、無事ここまでこれたことに乾杯~

なぜか南部僻地でウケてる北部僻地のハルピンビアー 12元也
(1元=16円/1ドル=100円=6.1元)


もうね、、、今日はいろいろあってお疲れだから、贅沢にいっちゃいますよ。

甘酢鳥肉 30元
卵トマト 20元
ご飯 3元x2個


しかしやってる事が、3年前とまったく一緒という、、、
3年前⇒中国、景洪へ再入国




  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿