2013/11/29

【誰も知らない祭】チベット遊牧民とダライラマ誕生日を祝ってみた


朝から米を炊きます。
今日は出発して、途中に街がない可能性が高いので、事前にランチ分を作っちゃいます。
内容は得意の炊き込みご飯!


9時半に出発!
、、、でも小雨天気というね。


リタンから一旦、成都方面に戻ります。
中国人チャリダーはラサを目指すので、やたらとすれ違う。


リタンは盆地にあるので、とりあえず登り。


またこの道が工事中なんだ。
雨降ったおかげでどろどろ、、、。



雨も勘弁してほしいよ。
登りもダートもだけど。


リタンの街が小さく眼下に見える。
また上ってきたなぁ。


峠です。
リタンから10km地点 標高4210m


峠にはBMWの内モンゴルライダーが。
カメラはライカだし、いろいろとアイテムがハイテク。
まさに金持ちライダーだ!


峠から下りは綺麗なアスファルトに。
雨も止み、快適快適。


爽快に下っていく。


 
T字分岐がでてきた。16km地点 標高3930m。
ここから我々はマイナーな道を北上していく。


その前に、休憩でも。時刻はちょうど12時。
中国人チャリダーらしき自転車が数台止まっている。
テントからチベタンのおばちゃんの手招きに誘われてテントへ。


これからラサを目指すという中国人がゴハンを食べていた。

バター茶をご馳走に!
テント内は暖かい!


自前のゴハンと、モモを買って食べる。
モモは、ヤク肉の入ったチベット風肉まん 1個 2元x3個


成都とラサを結ぶメイン幹線から外れて、北上する。
てっきりわき道だからダートかと思ってけど、綺麗な道じゃないか!


ゆっくりと川沿いを登っていく。
道も快適なので、苦にならない。


ほとんど車も通らず。
中国人チャリダーもこの道は通らない。

我々だけ!


のんびりすな。


ん?
遠くの草原にテントだらけ。
何かお祭りでもやっているのか?


そこに、後ろからバイクに乗った若者がやってきた。
どうやら我々の姿を見て、追いかけてきたらしい。

タンデムに興味津々。


話をきけば、そこでお祭りをやっているらしく、来ないかと誘われた。
これは面白い。

どうやら、ダライラマ誕生日を祝う祭りらしい。
日本に、ダライラマ行っただろ?みたいな会話が繰り広げられる。
おかげで日本人には好意的。


草原にテントテントテント。


どうやら、街に住んでいるチベット人ではなさそうだ。


遊牧民のお祭りである。




タンデムと珍客に、子供達が興味津々に集まってきた。


と、なると大人もなんだなんだと集まってくる。
すぐに人だかりが!

しかも先ほどの若者と違い、チベットしか通じないぞ!


祭典会場。
ダライラマが飾ってある。

祭り用の即席の祭壇という訳か。


動くと人だかりも一緒に(笑


もはや大名行列状態。


どんだけ興味津々なんだ!お前ら!


人だかりができる場所がある??


何の催し物があるのかわからないけど、人だかり!
ヤギだか、家畜の即売会??


みんなお祭り用の服で着飾ってます。


普段の格好とは違うお祭り仕様。



囲まれるtomomi(笑


草原じゃなければ、乗せてやるんだけどな。
我々ですら押さないと進まない抜かぬみ草原なんだよ。



遊牧民のお祭りとは珍しいものを見れた。
最近の遊牧民は馬に乗らないのか、馬を見かけない。

昔なら、会場広場で馬芸が繰り広げられたものなのに。
それとももう終わっちゃったのかな?残念。


祭りを楽しめよ~ちびっ子チベタン達よ。


家畜も祭り参加です!?


続く、、、


  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿