2013/12/13

【甘孜】これが本当の「早起きは三文のチベットのお寺で徳」

早朝7時起床です。

別に今日は出発じゃないんですが、早起きです。


目的は、昨日行ったガンゼのお寺。

昨日お邪魔した宿坊のお坊さん曰く、これから3日間早朝のお経みたいのがある!
…らしい。
よくわからなかったが、せっかく誘われたので、早起きしてお寺に行ってみる。
 

また村中を通っていきます。


ちょっとワンコ、目の前のをゴメンよ!


また坂道を登ってお寺へ…


この階段が辛い!
おかしいな?さんざん自転車で走って高地順応してるんじゃないのか?


やっとついた本堂。
すでに始まってる様子。


五体投地してる人も。


お経を読んでます。
何のイベントなんでしょ?
それとも普段の修行なのか?


しかし、中に入れる雰囲気でないので、遠巻きに見学です。



中央にダライラマパネルが堂々と飾ってますね。
でかい寺ですら、もう飾っても平気なのか?それとも公安も目をつぶってるのか?


せっかくなので、昨日入り損ねた、本堂の隣のビル型お寺へ。




入り口の装飾。
どの寺も細かい曼荼羅図ですな。


入ったら、びっくり。
吹く抜けの建物に、天井まで仏像!


うーん、たくさんだなぁ。


天井も曼荼羅です。


4階分まで、吹き抜け。


天井の曼荼羅が美しい事。


こちらもダライラマです。


再び本堂です。
正門横が開いてて、覗いたら…


キッチンでした。
こうやら、寺の僧侶全員分の食事をここでまかなっているらしい。

こちらは、ツァンパでお供えものを作ってます。


器用に形を作っていきます。


キッチンにいたアゴ鬚三兄弟!


巨大なキッチン。
野菜をいためています。


こちらはジャガイモ剥き中。


巨大な桶はご飯だそうです。

隣ではお経が聞こえて、ここでは料理はしているというね。

で、別に隣も見学していいよとな!


え?いいの?
さっきは入れる雰囲気で無かったけど?
でもせっかくなので。


寺内にお経がこだましてます。
歌ですね。こりゃ。



朝から貴重な体験してきました。

キッチンから、お経合唱まで。


お経合唱の動画


早起きは三文の徳とはよく言ったものだ。

お礼を言って、お寺を去ります。


濃厚な朝でした。


で、帰りはお粥屋さんで朝食!


これまた濃厚な豆乳でした。



  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿