2014/08/08

【奈良】フランス人がいい感じの奈良の古民家にてフランス料理を振舞う!

つづき…

数日前に我が家から東京方面に出発していった世界一周中のフランス人サイクリスト。
今頃どこを走ってるのかなぁと思ってたら、突然連絡が!

パーティーをやるから来いと!な。


 で、電車に乗って向かった先。


古い街並の残る場所。
大阪からたった30分特急に奈良方面にいくとこんな風景があるとは。


こんないい雰囲気の街並みのとある古民家に呼ばれた我々。


…いい雰囲気じゃないですか…


旅館?


?やっぱり旅館?
聞けば、古き武家屋敷だった古民家を改装したそうな。


今回は、改装一段落の持ち寄り会との事。

ん?まったく部外者で、そんな話は聞いていないし!っていうかフランス人サイクリストとの繋がりが見えん。


で、いました。
キッチンにフランス人友人。

また何やら料理中。
今日もフランス料理を振舞うんだそうな。



なぜに?

どうやら、旅中にとある日本人旅行者に紹介された大阪中崎町。
その中崎町の偶然寄ったお店の店主は日本人旅行者を知っており、その店主が連絡をくれ、京都でのフランス関連イベントを紹介してくれたそうな。
そのイベントで、知り合った古民家のオーナー。
フランス人はここで古民家の修理を手伝いながら、オーナーにフランス語の先生をしてたそうな。

オーナーはオーナーでフランスに水田を作りに行く予定もあって、丁度フランス語母国の友人がいて助かった様子。


暖炉を囲むキッチン。
いい感じな古民家ですな。
 

 かまども健在。
米炊いてます。


そんな古民家でフランス料理を作る友人。
いい日本文化の古民家に出会えてよかったなぁ。


 ちなみにクレープを作ってるんだそうな。

あ、日本の甘いクレープじゃないです。
主食となる塩ベースのクレープです。

 
 囲炉裏。


豪華食事も続々と。


食事会の準備が進められます。



ワインにフランス料理クレープにインドカレーに、まぁいろいろです。


屋敷に残っていた膳とな。


 食事会のスタートです。
聞けば、新規参入の農家さん繋がりだったり、カメラマンだったり、アーティストだったり、旅人フランス人だったり、その友人な我々だったり…


ボロネーゼとクレープです。
食器が和風なのが面白いですな。
 

 梅酒も出てきました。


ちゃんと甘いクレープも作ってました。


フランス料理ならデザートの前にフロマージュ(チーズ)だよな!

大阪近郊にこんな素敵な空間があるとは。
素敵な経験と出会いでした。
これもよくある偶然な旅人同士の出会いの産物ですな。


ちなみにこの数日後、フランス人は東京方面に旅立って行きました。
思いがけず、行ったり来たりの関西滞在だったそうな。



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿