2015/02/02

【静岡】安曇野の氷点下の気温と10度違う海岸部で、海を見ながらミカンを収穫した話(前編)


12月の東海道五十三次のさった峠からの富士山です。
真っ白ですね。


海です。
穏やかですね。


箱根です。


ちょうど紅葉シーズンです。


安曇野じゃあ、小雪舞って0度以下だってのに、海岸部ではまだ紅葉真っ只中で、暖かけぇ!


道が落ち葉で埋もれてました。


で、地元静岡に帰宅中です。
毎年恒例の家族のミカン畑手伝い!

まぁ自分がミカン食べたいだけなんですけどね。


が、ミカンの前に渋柿の収穫手伝いに。


知らなかったけど渋柿の畑もあったのね。


実の硬いのだけを収穫。
残りは…


さようならです。
商品にならないそうな。


見た目は熟してておいしそうですが、渋柿です。
このままでは食べれませんので、渋抜きをします。

寒くて乾燥してれば干し柿にしますが、暖かい静岡ではカビてしまうらしく、ヘタを焼酎につけたヌキ柿にして渋を抜きます。
これで渋柿があまーい柿に大変身!


さて本番のミカン。山へ行きますが…


恒例のモノラック。


急斜面こんな場所でも上っていく、頼もしいやつです。


竹林を抜け…


雑木林をも抜け上っていきます。


video
 動画(ミカン用モノラック


富士山が前山の奥に見えます。


駿河湾を遠くに伊豆半島。
地元街並みです。


さぁ今度はミカンを収穫しますか!


つづく…




※これは、安曇野ではもうすでに小雪が舞ってるってのに、まだ暖かい静岡の2014年12月ころのお話です…

【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿