2015/04/07

【白馬】白銀のリゾート白馬へ行ったら、そこは日本語すら通じないオーストラリアな世界だった件

「ヴィクトワール・シュヴィルブラン・村男Ⅲ世」です。

なんのこっちゃい?とお思いですが、立派な白馬村公認のゆるキャラです。
ちなみに白馬村は、前回登場の「おおまぴょん」のいる大町市の隣にあたります。

この”むらお”(”むらおとこ”ではない)、ゆるきゃらなのに媚びてないところに好感が持てます。
しかも、羽はお手製で飛べない!とか、村長になりたいとか、やる気あるとか…ねぇ…

まぁ詳しくはHPをば!
むらお公式HP: http://www.hakuba-murao3.jp/


このむらお、メガネをかけると誰かに似てるとか似ていないとか?
まぁ、今一番気になる存在ですね。


さて、そんな白馬村に行ってみました。
オリンピックも行なわれたし,ウインタースポーツする人には有名ですよね、白馬。


はい、ジャンプ台。
オリンピックで使われたスキージャンプの会場です。
日本中が金メダルに沸いた感動の場所ですね。


あまりに人気がなくて、そのまま素通りしてしまったが、見学が可能だった…
スキー場は盛り上がってるんですけどね。


大町も雪が多いと思ったけど、白馬はもっと多かった。




一面雪、雪、雪である。
だてにスキー場だらけの場所じゃないのである。



そして大町のスキー場と違うのが、スキー場から街が近いこと。


ゲレンデの目の前が街。
ホテルホテルホテル

さすが一大リゾート!





ホテルだらけですねぇ。

普通、どこのスキー場もこんな感じで街が目の前に広がってるもんなんですかね?


そしてたくさんあるカフェカフェカフェ。
安曇野のカフェ通りなみに、カフェだらけ。


さて、ここで軽く食事。

ここで違和感を感じます。
ええ、街中でも十分違和感を感じてんですが…
 この、白馬の街全体に言えるんですが、

外人だらけ!しかもオーストラリア人!

このカフェも我々と店員さん以外は全部オージー!


夕方です。


有名なアメリカンバスの設置してあるハンバーガー屋さん。
せっかくなので行ってみました。


で、やっぱりお客は外人さんだらけ。
日本人のほうが珍しいんじゃないか?ってレベル。


もちろんメニューは英語です(もちろん日本語もあります


テーブルはバスの中。
アメリカでよく見たスクールバスですな。


豪雪で埋もれてますけど?


肝心のハンバーガーは?
お値段1200円とお高いですが、ボリュームたっぷりで、具材も豊富でおいしい!
これは満足な一品!


すっかり陽も暮れて、イルミネーションが点灯。


とあるスポーツバーに入ってみたら…


日本人皆無な世界!
なんせ店員さんにすら日本語通じねぇ!

ちょっと片言な日本語とかのレベルじゃありません。
英語圏の国に行って、店員が「なんでお前英語しゃべれないんだよ!」ってレベルなアウェーな感じです。


ふう…やっと英語でビールを注文。
って、なんで日本で日本語が通じないんだぁぁ!

あとで、日本人スタッフもきましたよっと。


二件目へ

やっぱり…ここはどこだ!?
日本だよな?


日本だよね?


三件目


もう、驚きませんよ、ええ。



盛り上がってますよ!


今日は白馬じゃなくてオーストラリアに来たんだな、うん。
そう思うことにしました。


最後にクラブへ。


ここが一番日本人がいた気がする…それでも、全体の1/4くらい?
ほぼほぼ外人でした。


最後にコーヒーでも飲んで冷静に???


オーストラリア人が北海道のニセコに多数スキーに来てる話は昔TVでみた。
その後、白馬に目をつけてオージーだらけという話も。

まさか、ほとんど日本人を見かけないレベルまでオージーだらけとは思いませんでしたよ。
ゲレンデには日本人も多数見かけるのに、外に出てくるのはオージーだけなのか?
それとも白馬にくる日本人は他の場所で盛り上がってるのか??



【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿