2013/11/14

【自転車で行く】チベット高原へ向けて食料買出し大作戦【香格里拉】

これからチベットに向かうルートでは、ここが最後の大きな街。
この先にもそれなりの大きな街はあるけど、やはりそこは山奥なチベット。

物資がどうしても乏しいく選択肢が少なくなる。
ここ 香格里拉シャングリラも、だいぶ山奥だが、昔から外人観光客が来てた経緯もあって、
それなりに観光地化されている。

簡単な物ならこの先も手に入るが、不毛の大地のチベットを走るにはここで十分な準備をしたいところ。


という訳で、新市街へ買い出しへ行きます。


移動フルーツ屋さん。
この先は新鮮なフルーツもなかなか難しくなる。あっても高いのだ。
桃 1折(500g) 5元で購入。


ド田舎だったシャングリラも、ばかすか新しい建物ができ大きなスーパーもできた。


新市街のメインストリート長征大路を北上。
これは大きなお寺みたいな建物だけど最近完成した博物館です。


チベット人の生活用品必需品のお店。
このタイプはこの先の街でもたくさんある。


で、目的はこちら。
角に新しい吹き抜けのデパートがある。3年前はまだ作ってたけど、完成したんだな。
ちなみに、 旧市街の駐車場のすぐ近くにも大きいスーパーはある。

10年前のド田舎シャングリラを知っている身をしては、街の発展ぶりに驚くばかり。




シャングリラは松茸の産地でも有名。
だいたい日本で売ってる中国産の松茸はシャングリラ産。

昔は、このあたりにチベット人の松茸市場があって安く買えたんだけどなぁ。
500gで300円とか500円で、、、アホみたいに安かったのだが。
そんな中国産でも日本にくると1本1000円とかしちゃう訳ですよ。


「がっぽがっぽで笑いが止まりまへんわ!」
by松茸成金


電気製品にあふれてます。




うーん、日本の家にもこんな立派なテレビないのに、、、、。


海外食材もおいてある。
中国製品は不安な裕福層が買うんだろうな。


で、立派なアウトドアショップも充実してるじゃないか。
どこのメーカーか知らないけど。


お!コロンビアやノースフェイスもあるじゃないか!
しかも結構イイお値段で、、、

ん?日本語の表記が、、、、???


多数ショップが入ってるのでこちらのお店も、、、


こちらの日本語の文法も、、、、


立派ですね~これは気づかないですね~99.8%完璧ですね~
これで日本語完璧なら100%本物です。

中国での有名な言葉ですよ
「本物を探す方が難しい」という。


地下に食材店発見。


食材豊富じゃないですか。


ここで、今後の食料の準備をしますか。
ここまで豊富なのは、ここが最後です。


発見しは中国版カロリーメイト。
これ、6年前のチベットの時も使ってた携帯食。

元々人民解放軍の携帯食だったらしいが、最近はいろいろなバリエーションでたなあ。



その名も「圧縮餅干」。
一個3元~3.5元で携帯にも非常に便利。




そしてオリーブオイル!小瓶で45元、、、高い。
イタリア製、、、らしい。ここは信じるしかない。もう中華の油が胃もたれしすぎなので、自己防衛です。

45元もしたんだからね!


ビールもほしい、、、


米も必要でしょう。
これからは自炊もする必要がある。
基本、野宿のスタイル。

米 2.6元(1折5.92元)
米 4,1元(1折9.4元)


砂糖や、ドライ食材も買う。

肝心のキャンピングガスとバーナーがほしいのだが、このデパートでは置いてなった。
偽物のコロンビアはあるのに!


旧市街のメインストリートでアウトドアショップ数件発見。
こちらも、偽物ばかりだけど、どうせなら中華製を買おう。
中華メーカーの中華製なら、偽物ではないでしょ!


バーナーとガス
旧市街の入り口近くの店
バーナー 128元⇒ 100元に
ガス台湾製(一応高原用) 30元が25元x2個にまけて貰った。

合計150元でゲット
安いのか高いのか、、、、昆明の方がちなみに安く売っていた。


ちゃんと標高3300mのシャングリラでも、火もつくから大丈夫かな?


テストでラーメン作ってみました。
これで、たとえ街にたどり着けなくても、ゴハンは大丈夫!



それでは戦利品です。


秘密兵器のドライ松茸。
30gを20元


そしてオリーブオイル!

非常食「圧縮餅干」。


そのたドライ食材とか。


米 1kg5.9元 (1折3.0元
米 2.6元分(1折5.92元)
米 4,1元分(1折9.4元)
にんにく 0.3元分(1折15元
しょうが 0.7元分(1折11.8
干ししいたけ 1パケ 3.2元(1折100元
氷砂糖 3.1元分(1折9.8元

水2L 2.5元
にんじん 1元(1折20元
長樹菇 キノコ 0.8元(1折7元
タマネギ 0.7元(1折20
オリーブ 45元

枝まめ 1.6元 (1折10元
ポテチ 1元x2個
乾燥湯葉 6.5元
カロリーメイト 3.5元 x5個
(1元=16円 / 1ドル=100円=6.1元)


これだけあれば、十分だろう。
あとは、現地調達で!



さっそく自炊してみた。
実験をかねてね。


枝豆を剥きます。


炊きこみご飯。
そして、タイで中国用に買ったレトルト。
【chiang-rai】タイ最後の男の浪漫「漫画肉」買出し

レトルトも試しで食べてみた。


うむ!
高地なせいで米に芯が残るが、おいしく炊けたぞ。
レトルトも辛くて美味いじゃないか。



そしてお湯がいつでも沸かせるぞ。
電気コイル持ってても電気ないと使えないからね。

お湯があれば、どこでも雲南コーヒーブレイクができる!!


さぁ本格チベット入りが楽しみになってきましたぞ。






  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿