2014/03/26

【大阪~東京500kmを三日間】第一回 ツールDE勝手に東海道【1st:大阪~名古屋ステージ】

第一回 ツールDE勝手に東海道!!です。
ついに勝手に開催です。

※以前投稿した実況バージョン(猛暑de走行!大阪から東京まで500kmを三日間「第一回 ツールDE勝手に東海道!!」
をブログバージョンで再投稿です


 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
協賛は以下になります。

主催主:ヒロカズ
スポンサー :嫁さん
全体的協力 :嫁さん
宿泊食事協賛 :各地の友人

エントリー選手(今現在) :正式エントリーシード選手 ヒロカズ 
以下未定、、、
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

1stステージは大阪から名古屋までの160km
300mの峠の2つある平均的なコースです。

2ndステージは名古屋から静岡までの180km
基本平坦のロングランなコースです

3rdステージは静岡から東京までの170km
箱根越えのある山ルートです




〓【1stステージ:大阪~名古屋ステージ】〓〓〓〓〓〓〓〓



大阪から名古屋までの160km。
300mの峠の2つある平均的なコースです。



某月某日 某大阪市内 スタートラインです。
いつものタンデム自転車ではなく、今回は一人で行くので久しぶりジャイアントの登場!
中国で買ったので、「早上(ザーシャン)号」です。
終着の地”青島”&新たなる出発へ(チャリダー復活!!)参照


 じゃ、いってきまーす!

うお!なんて一人だと自転車って軽いんだ!
いつもは後ろに荷物、、、失礼、嫁さんが乗ってるタンデム自転車なので、
ハンドルは2人分+長いタンデムの車体分を支えなければならない。
 

坂道をぐいぐい登っていきます。こりゃ楽だ。
普段は2人分ですからね。はい。


 世間は平日なので、ラッシュ中。
すみません、無職が通りますよっと。


通勤してる皆さんと一緒に通勤電車待ち。
街中は思うように走れず、スピードが出ないなぁ。


東京方面に行くには、いくつかルートがあるが、今回は生駒を越え、木津川沿いにいく。
なぜって?
、、、、距離が短かったから、、、。


 まずは、生駒越えだが、トンネルがあるので、ラクチン、、、
なはずだが、結構な登りが続く。


 あれ?おかしいな?
チベット帰りでまだ高地トレーニングの成果が残ってるはずなのに?
もうへばってませんか?


 やっと到着しトンネル。
これが、大阪と奈良を結ぶ163号線のトンネルです。


ちょっと心配したトンネルだけど、しっかりた歩道があるじゃないか!
一安心!


 トンネルを抜けて奈良県側に抜けて、一安心、、、


 一安心、、、

 なんじゃこりゃー!通れないじゃないか!
 なんだ?この歩道は?
そもそも歩く人なんていないっていうのか?


 無理やり、ガードレール乗り越えです。

どうりで危ないトンネル内もロード乗ってるサイクリストは、車道走ってる訳だ。


 しかも、ここ横断すんの?
これって工事してる一時的対応だよね?
設計ミスじゃないよね?

日本は、どっかの車優先国家みたいな事しないよね?


 その後は、歩道もでてきました。
車道走ってたけど、トラック多くて怖ぇぇ。

出発して数時間経過。
うんうん、南米やヨーロッパやアジアを走ってきたけど、日本はやっぱり一番自転車に優しいよね!
と、思いたい時期もありました。


日本が一番、過酷じゃないか!?

トンネルの先は行き止まりだし(これは世界でもあったか、、、)
車道は狭くて走りにくいし(世界の道は広い)
トラックやバスは、ぎりぎりを走っていくし(某中国ですら後方で待ってから、よけてくれる)


いやいや、、、きっと日本にもいいところはあるはずだ!


 都心部を離れて段々交通量もおち、田舎風景に。

 
 怖いので、歩道があるところは、歩道走りますよ。
特に、車がよけてくれない、狭い道路や橋、トンネルはね。


 おお木津川だ。
163号線は木津川沿いに行く。


 休憩中。
トイレがどこにでもあるのが、日本のいいところだな。うんうん。


のどかな景色になってきました。
やっと、余裕をもって走れる様になった。


 ん?
なんだ、あの橋は?


ゲームに出てきそうな、川にダイブしちゃいそうな橋は、、、。


バスもぎりぎり。
運転に自信がないドライバーは通れません。


田舎風景っすな。
海外から帰ってくると、余計に新鮮に見える日本の風景。

 
 多少、上り下りして、、、


忍者の街、伊賀に到着!遠くに忍者屋敷が、、、
で、忍者はどこだ!


 で、発見しいマックスバリュー。
忍者ではなく、セルフ量り売りを発見!

これいいね。海外では、この量り売りタイプが多いけど、
セルフだと少量でも、自分で詰めるから恥ずかしくない!


 ランチ休憩です。
そして日本のスーパーのいいところといえば、、、。


 無料ドリンクサービス!
ベンチ付!


いただきます!


 調子に乗ってデザートも!
いや、疲れたんだよ。ホント。


トイレが立派なのも、日本のいいところ。
スーパーは世界に誇れるぞ!

もっとがんばれ、国土交通省!
 

 田舎風景は続きます。


国道25号線(阪奈道路)と平行する一般道路を行きます。
ここから上り下りが激しくなる。

標高300mくらしかないはずなのに、辛い!なぜに?


一般車は国道にいくので、空いてるのはいい。
ダンプが通るくらい。

 
 気持ちいい、山岳ルートじゃないか。
ちょっとクネクネしてるけど。


で!!!!
一応ここ国道なんですが?

日本の国道とは思えない突然のダート出現。
ほんの100mくらいとはいえびっくり。
日本も、中国のように、あまり車の通らない一般道は放置なのか、、、。


 集落が出てきたり、、、、

 
 関西本線がでてきたり、、、、



 清流が出てきたり、、、


 ああ、気持ちい。
 疲れた足をリフレッシュ、、、決して蒸れた足をリフレッシュじゃないんだから!


田舎道も亀山で、大きな幹線と合流。
平行して側道があるのはいいのだが、、、
 

 ときどき、側道が訳わからん方向に行く、、、。
勘弁してよ。


 頑張ってまた側道を行くと、、、、


 行き止まり、、、、

国土交通省!!!!


 もはや適当にすすみます。
なんせ案内看板もなければ地図も持ってないからね。

 道路がこんなんだから、自転車ルート用の地図アプリとかが発達してんのかね?


 時刻は、夕方のラッシュに巻き込まれつつあります。
まだ四日市なんだけど!?

今日中に名古屋到着できるんかいな?
 

 ああ!!太陽がぁぁ!!


この橋を渡れば、愛知県!!


 なかなかこの川がでかい!


 最後の力を振り絞って、夜のコースとなった名古屋爆走。
ラフな運転で有名な名古屋ナンバー車とのスプリント勝負!
が、この時点で20時。
昼間の疲労ですでにスプリント勝負を挑む体力は残っていませんでした。


 バシッ
「遅いんだよ!」

 
 今夜宿泊予定の、友人の家に21時に到着!
夕食作って待っててくれました。

 ビールが胃に滲みる~!!


「まぁ、ゆっくりしていけよ!」

※友人はネコではありません


~~~~~~~~~~~~~~
1stステージ 約160km 時間14時間 
順位:平凡

健闘賞受賞:豪華夕食を贈呈
協賛:名古屋の友人
~~~~~~~~~~~~~~


さて初日から波乱(?)な第一回 ツールDE勝手に東海道でした。
シード選手がまったく振るわなかった1stステージ。2ndステージでは巻き返しあるのか?

選手談:
いやー、先日まで高地トレーニングでチベット4000mとか走って、そのときはもう一人自転車に乗せて、題して「甲羅を背負った亀仙人トレーニング」をがんばったんですが、、、
予定では甲羅を下ろして身軽な一人自転車!まして高地順応がまだ残ってるはずで余裕しゃくしゃくだったんですが、まったく足が動きませんでした。
明日以降またがんばりたいと思います。



2ndステージへ続く、、、



  【blog村】旅行ブログ人気ランキングへ投票 <<←記事が気に入ったら「いいね!」の投票1クリックを是非!
<<-If you like my Blog! Plz click this button!!

--Copyright (C) hirokazu sawa All Rights Reserved। -

0 件のコメント:

コメントを投稿